転売ビジネスは需要の先取りが重要

The following two tabs change content below.
肉体労働に限界を感じ27歳でインターネットビジネスに参入。
28歳で念願の独立、輸入物販を中心に情報発信を行う。
「自由」に生きるをテーマに活動、情報発信を通じて、稼ぐだけではなく自分軸で生きられる人生を提唱中。
公式メールマガジンはこちら

こんばんは!石塚です!

久しぶりに、渋谷をぶらぶら散歩をしていました。

まだまだアウターを着て「寒い、寒い」言っていますが。
少しづつ春物も見かけるようになりました。

需要のある商品を並べる

おしゃれ最前線の方はそろそろ春物が気になってくるシーズンですが
現状ではまだ冬物がメインで店頭に並んでいます。

これって当たり前だと思うんですが

言い換えると、

リアル店舗を構えるのであれば
今、需要があるものを店頭に並べるということです。

店舗の場合
今、お店を訪れた方が
今、欲しいものを置く。

だから必然的にメインでアウター類が並んでいるし
おしゃれ最前線の人用に春物も少し並んでいます。

そりゃそうだって話なんですが

輸入商品は店舗とは違う

「じゃあ輸入品の場合どうなの?」

ってところ。

輸入転売の場合は需要の”先取り”が重要

Amazon無在庫輸入の場合。
売れた後に商品を仕入れてお客様に配送するため

だいたい到着までに2〜3週間かかります。

基本的には無在庫での大量出品をするので

「出品すれば売れる」
というところもあるんですが

「到着までに2〜3週間」
ここを意識すると

「需要の先読み」が大事ということ。

例えばですが、

無在庫だから出品にリスクがない!
今、需要があるものをいっぱい出品しよう!

と思って

・アウター類
・スノボ用品
・クリスマス商品

ざっとですが、このような商品を多数仕込んだところで

「到着までに2〜3週間」かかります。

届く頃には需要が終わっているということは

「誰も注文しない」ということです。

だからこそ「需要の先読み」が必要になってきます。

国内で需要が訪れる2〜3ヶ月前に仕込みを行う。

先に仕込みをすることによって
ライバルが少ない時から出品することができます。

「需要の先読み」を意識して出品して行きましょう!

まとめ

Amazon無在庫輸入の場合、仕入れ先がアメリカになります。
アメリカで流行っている物を優先的に出品をする。

それだけで稼げるのが現状です。

・映画関連商品
・流行しているおもちゃ

などなどを先取りで無在庫出品して行くことによって需要の先取りが出来ます。

特に映画関連商品なんかは無在庫輸入では鉄板商品です。
アメリカで公開予定が発表された段階で出品を仕込みことが出来ればその商品は必ず売れます。

アメリカでの公開前だけではなく過去の公開作品でも日本の金曜ロードショーで上映される映画は公開されるたびに商品が売れます。

そして日本国内での需要に向けても先取りで出品することによって需要を刈り取ることが出来ます。
シーズンごとに売れる商品が分かってくればそれを毎年おかわりするだけです。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

肉体労働に限界を感じ27歳でインターネットビジネスに参入。
28歳で念願の独立、輸入物販を中心に情報発信を行う。
「自由」に生きるをテーマに活動、情報発信を通じて、稼ぐだけではなく自分軸で生きられる人生を提唱中。
公式メールマガジンはこちら