Amazon無在庫輸入はASINの収集方法で売上が変わる。

The following two tabs change content below.
肉体労働に限界を感じ27歳でインターネットビジネスに参入。
28歳で念願の独立、輸入物販を中心に情報発信を行う。
「自由」に生きるをテーマに活動、情報発信を通じて、稼ぐだけではなく自分軸で生きられる人生を提唱中。
公式メールマガジンはこちら

こんばんは、石塚です。

僕は一貫して、

「Amazon無在庫輸入での
 利益率の向上を目指しましょう!」

というお話をさせて頂いています。

まずは商品の売買だけで
利益を確保する仕組みを構築する。

もちろんキャッシュバックサイトや
クレジットカードのポイント込みで
考えても良いのですが

Amazon.co.jp⇔Amazon.com

の仕組みだけで
利益率25%~30%を目指す。

これにキャッシュバックサイトや
ポイントバック込みで利益の最大化を図る。

これが僕の目指すところであり
指導でも力を入れている所であります。

利益率を向上させるメリット

1店舗当たりのリスクと
管理の手間を少なくすることによって

外注さんも楽
自分も楽

という仕組みを構築しています。

僕自身の経験から、
1店舗当たりの売り上げを伸ばしすぎると

どうしても利益率が落ちてくる傾向があるので、

1店舗当たりの売り上げを落としてでも
利益率を最大化する。

その店舗を量産する。
(月商100万から200万なら問題ない)

という方針をとっています。
(初心者であれば1店舗で月商100万利益25万が現実範囲)

そしてその店舗を複数作ることで
収益の安定を図ります。

そして利益率25%~30%を目指すためには!

「ASIN収集箇所が全て」です。

その他、細かいノウハウはあるのですが、
まずは、基本的に出品内容が全てになります。

自分の出品している商品の利益率や、
メインの価格帯を把握されている方はいますか?
出品の中に利益率が悪い商品が絶対入ってないと
言い切れる方はいますか??
商品が売れてから、利益が取れているのか
不安でドキドキしている方はいないですか?

無在庫輸入の基本って
全ての経費を除いて利益が取れる商品を
大量出品することに意味があると僕は思います。

ただ振込金額と仕入れ金額の
差があっても意味がありません。

・商品重量があり国際送料が高かった
・関税が思ったより高かった。

そんな思いをしないためにも

「ASIN収集箇所」にこだわりを持つ必要があります。

ASIN収集方法

基本的に大量出品という手法で行う「無在庫輸入」

普通で20万件多い人で300万件ぐらいの出品を行っています。
出品に関してはツールで一括で行うためそこまで手間はかかりません。

ですが!!!

ツールで一括出品をおこなうため
自分の出品内容を把握できていない人がかなりいます。

そのため、売れたらかなり薄利だった。。
ということが起きてしまうことになります。

そしてツールでの利益率の設定を上げすぎてしまって
全く売れなくなってしまった。

ということが起きてしまうのです。

それを回避するためにはまず。

Amazonのカート取得ロジックを理解する必要があります。
詳細に関しては別記事で紹介していますが

この記事では簡単に紹介します。

大きく分けて3つの要素が重要になってきます。

・出品価格
・配送期間
・パフォーマンス指標

 
以上の3点です。

他のセラーが10,000円でカートを獲得している商品に
自分が9,000円で出品することが出来ればほとんどの場合でカートが獲得できます。
(他にも要素がありますが、あくまで例としてここでは割愛します)

有在庫の商品であれば、資金繰りのために
薄利で売り捌かないと資金繰りが苦しくなる場合があるでしょう。

ですが、無在庫輸入の場合は

売れる

仕入れ

入金

引き落とし

というフローになります。
よって資金繰りのためにむやみな値下げ合戦。
資金繰りに困窮する。

ということがあり得ないのです。

まず、出品で重要なのが「価格競争」の起きている商品を選ばないということ。
そしてニッチな市場を狙うということ。

ニッチとは
商品やサービスを要求する消費者の絶対数が少ない(特定の用途・目的・趣味に特化した需要であるため)。
潜在的なニーズのため、誰も「産業」として考えつかなかった分野である。
既存の手法では収益性が悪く、市場としての魅力がない。

ニッチな市場を狙うことによって、価格競争に巻き込まれる可能性が無くなります。
そして、なるべく高額商品を扱うという所。

高額商品

高額商品はあまりライバルが少ない市場になります。
5,000円の商品を扱うセラーより30,000円の商品を扱うセラーの方が少数なのは明らかです。

無在庫なので30,000円の商品を扱うことにリスクはありません。
ですが、多くの方が低単価商品しか出品しないのです。

売れていない商品

売れた後に買い付けを行う手法なので出品することにリスクはありません。
ですが、Amazonでよく売れている商品は在庫を持って販売しているセラーが多くいます。

ですので、無在庫輸入では売れていないランキングの低い商品を狙う必要があります。

FBA出品者がいる商品は極力避けましょう。

専門性の高い商品

基本的に仕入れはAmazon.comで行います。
よってアメリカではやっているもの、アメリカで公開された映画関連商品。

などなどは良く売れます。

アメリカのトレンドをいち早く掴むことによって
出品者が少ないうちに商品を売ることが出来ます。

まとめ

無在庫輸入のメリットを最大限生かすためには

・価格競争をしない
・利益の最大化を図る
・ニッチな商品を狙う

ということが重要になってきます。

利益率でお悩みの方は参考にして下さい。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

肉体労働に限界を感じ27歳でインターネットビジネスに参入。
28歳で念願の独立、輸入物販を中心に情報発信を行う。
「自由」に生きるをテーマに活動、情報発信を通じて、稼ぐだけではなく自分軸で生きられる人生を提唱中。
公式メールマガジンはこちら