情熱を持って仕事をすればナンバーワンになれる

The following two tabs change content below.
肉体労働に限界を感じ27歳でインターネットビジネスに参入。
28歳で念願の独立、輸入物販を中心に情報発信を行う。
「自由」に生きるをテーマに活動、情報発信を通じて、稼ぐだけではなく自分軸で生きられる人生を提唱中。
公式メールマガジンはこちら

こんにちは、石塚です。

先日、とあるジャンルで日本一になったことがある
営業マンの方とお話させていただく機会がありました。

日本一のまま退職されて
今は違うビジネスをやってらっしゃいます。

営業をやっている友人などはいますが、
僕が元々肉体労働者ということもあり。

営業マンの方と面と向かってお話をするのは初めてでした。
(保険の営業のおばちゃんとは良く喋る)

日本一の営業マンの凄さとは?

一言でいうと「熱」がすごい。

・仕事に対する情熱
・人に良いものを紹介したいという情熱
・理解してもらいたいという情熱

自分は熱を持って仕事が出来ているか
それを良く考えさせられる良い機会でした。

Amazonにしても。
ヤフーにしても。
情報発信にしても。

どれだけ熱を込めて取り組めるか。
どれだけ自分を追い込めるか。

気合いを入れ直す良い機会になりました。

やっぱり誰もが

「今より稼ぎたい」
「今よりももっと自由になりたい」

と思っていると思います。

お手軽に○○円
何もせずに○○円

なんでコピーが蔓延しているこの業界で、もうそろそろ目を覚ました方が良いんじゃないかと思います。

ですが、それって簡単に手に入るものではなく、
ネットビジネスの場合。

目標を決める

熱を持って取り組む

自分の力で形にする

外注化を進める

結果的にお金と自由を手にする
最初から楽して稼げるビジネスなんてありません。

熱量を上げて作業に取り組むしかない

出品を伸ばす作業も
売上を伸ばす作業も
利益を伸ばす作業も
外注化を進めるためにも

やっぱりどこかで。
気合い入れて作業しないと
絶対に達成出来ないですし。

僕の周りの稼いでる人たちも

「どこかで真剣に
 苦しい思いをしたからこそ」

今、稼ぐことが出来ていると思います。

その営業マンの方も、自信を持って

「他の営業マンより努力をした」
とおっしゃっていました。

自分の仕事に圧倒的な熱量を持って取り組んだ結果としてお金が稼げるようになります。
そして営業職では「外注化」することは難しいですがネットビジネスは「外注化」という手段を選べる。

それが、一番良い所です。

なかなか結果が出ない。
なかなかうまく行かない時こそ。

自分の目標を思い出して、
自分の仕事に熱を持って、

取り組んで行くのが重要だと考えます。

まとめ

結果が出ないとき、諦めそうなときほど「目標」や「なりたい自分」を思い出して作業をしましょう。
熱を持って取り組んで結果が出なかった人を僕は知りません。

そして、ノウハウやハウツーがしっかりしているものであれば、その確率は高まります。

なかなかネットビジネスで結果が出ない人は、ノウハウがしっかり構築されているジャンルで熱を持って取り組みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

肉体労働に限界を感じ27歳でインターネットビジネスに参入。
28歳で念願の独立、輸入物販を中心に情報発信を行う。
「自由」に生きるをテーマに活動、情報発信を通じて、稼ぐだけではなく自分軸で生きられる人生を提唱中。
公式メールマガジンはこちら